後期現場実習事前集会

10月1日(月)から12日(金)まで2週間、後期産業現場等における実習が始まります。今日は、それに向けての集会が行われました。

事前に各職種・グループに分かれて、実習をする上で気を付けることを話し合ったり、基本的な挨拶や電話対応の仕方を練習したりした後、一人一人が自分の目標を発表しました。

   

特に3年生は、進路を決定する最後の実習なので、「自分で決める」という真剣な思いが伝わってきました。

今回、初めて校外で実習を行う1年生を含め、約90名の生徒が企業で働く経験をします。実習を受け入れてくださった企業様をはじめ、いろいろな方の支えがあって実習に取り組めることに感謝の気持ちをもち、実りある実習にしてほしいと思います。

 

また、集会後、市原特別支援学校本校の卒業生3名の方よりお話をいただきました。

スーパーマーケット、サッシ工場、病院の厨房と職種ごとに生徒の希望で3つの会場に分かれ、卒業生を囲んで質疑応答が行われました。

   

人とのコミュニケーションや仕事への不安など、つるまい風の丘分校の生徒が抱えている課題や悩みに対し、卒業生自らの経験談をふまえてアドバイスをいただくことができました。 

「働くこととは、生きる力です。」という卒業生の言葉に自信が満ちあふれていました。 

立派な卒業生の姿は、これから実習に望む分校の生徒たちにとって大きな励みになったことと思います。

 

君津特別支援学校との交流

今年度、県立君津特別支援学校高等部にサービス班(清掃)が立ち上がったと聞き、つるまい風の丘分校から3年生3名と2年生3名が学校を訪問し、清掃実習をとおして交流をしました。

朝、高等部の集会に参加した後、中央廊下のワックスがけ、窓ふき、階段掃除の3つのグループに分かれ、午前・午後と一日清掃を行いました。

     

お互いに、日頃の専門実習や作業で取り組んでいる清掃の仕方を教え合ったり、道具の使い方を紹介し合ったりする中で、生徒同士で話もはずんでいました。

参加した生徒は、「このような機会に感謝しています。これからも交流が増え、お互いに清掃の技能が上達できればうれしいです。」と感想を話していました。

みんなが清掃した床や窓はピカピカに輝き、笑顔も輝いていました。

 

鶴舞地区敬老会

9月23日 日曜日、ミュージック部が鶴舞地区敬老会に参加しました。

敬老会参加は今年で2年目となります。今年の演目はハンドベル「星に願いを」とダンス「I Wish for you」でした。

早めに学校に集合した後、体育館でリハーサルを行い、準備万端整えて本番に臨みました。

今回は演技をおえた生徒達のところに参加者の方が来てくださり「とても上手だった、うれしくて涙が出てしまいました」と声をかけてくださいました。

生徒達からは「楽しかった」「終わっ後の拍手と声援がうれしかった」「また出てみたい」とうれしそうに話をしてくれました。

これからも機会があるごとに地域での活動を続けていきたいと思います。

平成24年度 第31回千葉県特別支援学校高等部スポーツ大会<報告>

9月21日(金)に平成24年度千葉県特別支援学校高等部スポーツ大会が千葉県総合スポーツセンターにて開催されました。

生徒たちはスポーツ大会に向けて、夏休みの半分も学校に来て練習を頑張っていました。その成果は?

< サッカーの部 >
 みんな燃え尽きました。
後半、ロングシュートを決められて同点2‐2。

終了間際、コーナーキックから勝ち越しチャンスがあったものの、ロスタイムにワンチャンスを決められ、逆転負けとなりました。

結果   2‐3 君津特別支援学校

みんな悔しくて悔しくて…

< ソフトボールの部 >
3-5 印旛特別支援学校

2回を終わったところで、雨のため中断し、そのまま時間切れで敗れました。

天も運の1つでしょう・・・。

3年間頑張ってきた高3年生はどんな思いで、後輩に託したでしょう。

来年こそ優勝を穫りたいと高1,2年生は高3年生を前に誓ったことと思います。

 

風の丘祭スローガン決定!

11月10日(土)に行われる第3回風の丘祭のスローガンが決まりました。

 

  『 輝き ~ハッピースマイル~ 』

 

今年のスローガンは、2年生生徒の作品です。

「輝き」という言葉に自分たちの姿を重ね合わせました。

いつも分校で学んでいること・がんばっていることを地域の人たちに見てもらおう。そしてこれからも輝くために、笑顔と努力を続けよう。

という思いがスローガンに込められています。

 

風の丘祭へ向けて、販売のための試作品(うどん)を作ったり、ステージ発表の有志企画説明会が行われたりと、少しずつ準備が始まっています。

 

パッションフルーツの収穫

5月から園芸技術科で試験的に育ててきたパッションフルーツの実がようやく熟し、収穫をしました。

受粉がうまくいかず、なかなか実がつかなかったのですが、2個穫ることがができました。

さっそく試食。包丁を入れた途端、香りがフワァーっと広がり、甘酸っぱい味がしました。初めて食べましたが、とても美味しかったです。

収穫が終わったパッションフルーツは、次年度の緑のカーテンへ向けて挿し木にしました。

2012年の緑のカーテン、ナタマメとカボチャは病気のために大きく育ちませんでした。また来年度チャレンジしたいと思います。

 

夏休み中、頑張った結果

 8月6日から、小型車両系建設機械運転特別教育講習、1t未満移動式クレーン・玉掛け特別教育、ガス溶接技能の講習が始まり、延べ6日に20名の生徒と5名の教師が参加しました。

中には講習を全部受けた生徒もいました。

結果は

 

 なんと全員合格することが出来ました。

しかも

4つの講座を受けた生徒も見事、すべての講習に合格することができました。

卒業後の活躍を期待しています。

第2回 学校見学会

9月12日(水)、第2回学校見学会があり、中学生や保護者、担任の先生方、120名を越える方々が参加してくださいました。

全体会で学校概要を説明した後、4グループに分かれて校内の専門実習の様子を参観しました。

参観者からは、床がピカピカに磨かれていること、パン・おにぎりの予約注文販売で実際のお金を扱っていること、広いほ場や手作りの麦茶などなど、生徒による活動の足跡に対し、驚きや感心の声があがっていました。

また、部活動に興味・関心のある生徒さんは、放課後のソフトボールクラブも見学していました。

今後、10月22日(月)~11月9日(金)には、秋季入学相談会が予定されています。ご希望の方は、ホームページに載せてある開催要項をご覧になるか、直接つるまい風の丘分校までお問い合わせください。

 

防犯ボランティア

分校では今年から市原市内の高等学校10校が集まり、市原の交通安全や防犯を考える会(仮称)市原ヤング防犯ボランティア隊に参加しています。昨日の会議で正式に名称が

「SAVE in 市原」に決まりました。

これは SAVE  S=students    A= assemble    V=volunteer    E=everyone の略称だそうです。

各学校からの代表に混じり、自分たちの考え、意見をきちんと発表し、伝える姿はとても立派でした。

引率していた私は「はらはら」「どきどき」してしまいましたが・・・

次回までにおそろいのベストと帽子を「県立鶴舞桜が丘高校」と「市原中央高校」がそれぞれデザインして投票で決めることになりました。

どんなデザインになるか楽しみです。

第3回 風の丘祭に向けて

11月10日(土)、つるまい風の丘分校にて第3回風の丘祭が行われます。

今日は、それに向けての集会がありました。

    

風の丘祭の目的(①学習の成果を発表する ②作る喜び・達成感を味わう ③地域の方々に分校を知っていただく)を確認したり、昨年のビデオを見たりしました。

実行委員会(生徒会)から、スローガンの募集もありました。

初めての1年生は、興味津々で話を聞いていました。また、2・3年生も昨年のことを思い出し今年もがんばろうと意気込んでいました。

今回は、各学科ごとに新しい試みも計画されているようで、一段とパワーアップした風の丘祭を分校のみんなで力を合わせて作り上げていきたいと思います。

もちろん、午後のステージ発表(全校合唱、生徒による有志企画)も 充実させていきます。

風の丘祭の詳細や準備の様子についても、このブログでもお知らせしていきたいと思います。

どうぞ楽しみにしていてください。