平成24年小湊鐵道フォトコンテストに応募しました

小湊鐵道では毎年、「沿線の四季と駅舎の情景」を題材としたフォトコンテストを行っています。

分校の写真倶楽部では、日頃よりたいへんお世話になっている小湊鐵道に、感謝の気持ちをこめて、力いっぱい撮った写真を応募しました。

生徒たちは、帰りのホームルームが終了すると、カメラを持って上総川間駅までダッシュ(所要10分弱)で駆け抜けます。

暑い日でも雨の中でも、風が強くでも根気よく続けて撮りました。

お目当ての上総大久保行きの列車が来るのは15:12です。

撮影に間に合わないときもありました。

撮影を続けているうちに、次第に生徒一人一人の撮り方が変わっていく様子がみられました。

最初は遠慮して列車を遠くから撮っていましたが、次第に慣れてきて、7月頃には列車の近くまで進み、撮れるようになりました(もちろん、安全面、ルールは守っています)。

さらに空の色、光の向きなど工夫している生徒も見られるようになりました。

その成果を活かすべし、今回のコンテストに応募する運びになりました。

 

そこで応募写真だけでなく、手紙も同封しました。

生徒が書いた手紙を抜粋します。

「いつも朝の通学と、夕方の帰りに小湊鐵道を利用しています。学校からの帰りに、疲れている身体を休めることができるのでとても嬉しいです。これからも朝と、夕方の通学に小湊鉄道を利用したいと思います。それから、小湊鉄道の車内で私たちが撮った写真を貼ってもらえると聞いて嬉しいです。これからも頑張りますのでよろしくお願いします。今度、11月10日に第3回風の丘祭が行われますのでもし時間があればぜひお越しください。私は流通サービス科で一生懸命頑張ります。(高1生徒)」

結果が分かるのは11月中旬になるそうです。

風の丘祭まであと2週間

いよいよ第3回風の丘祭まで2週間を切りました。

校内では、各委員会に分かれて看板作りや掲示物の準備が進められています。

また、第2部芸術文化の部のステージ発表に向けて、昼休みには生徒自ら体育館に集まって練習を行っています。歌やダンス、バンド、劇など、内容は盛りだくさんです。

    

限られた時間の中ですが、みんなで協力しながら、つるまい風の丘分校らしさが出せるような風の丘祭を作り上げていきたいと思います。

 

つるまい風の丘特製金のゴマが・・・

27,28日の両日に五井駅前東地区で、第2回上総いちはら国府祭りがおこなわれました。

今回の産業現場等における実習で生徒がお世話になった(株)シュウエイという会社が参加していました。

http://www.bosoichiba.com/agetai-tabetai/_pc/index.php?f=mention

http://www.agetai-tabetai.com/

今回は会社からの提案で、園芸技術科で収穫して選別した「金のゴマ」を入れたさつま揚げを販売することになりました。

ためにし食べてみると、あつあつで、ゴマの香りが香ばしく、とても美味しくいただきました。

しかも店先には

写真の通り、「つるまい風の丘分校の生徒が一生懸命育て、収穫し、選別した「金のゴマ」も使用しています」と一目でわかるように掲示もしてくれました。

その言葉の通り、生徒が一生懸命育て、収穫して選別した結果、企業に認められ、さつま揚げの材料として使っていただけるとはすごく光栄です。

今度は市原うまいもの祭り(12月1,2日)

http://event.ichihara.ne.jp/

にもまた出店するそうです。

今回食べ損なった方は是非食べに行ってみて下さい。

 

 

 

ポスター・チラシ配り

11月10日(土)に開催される第3回風の丘祭に向けて、10月26日(金)に全校生徒で風の丘祭のポスターとチラシ配りを行いました。

ポスターとチラシは流通サービス科情報コースの2年生が担当し、製作しました。

 

生徒たちは、商店街のお店を一つ一つ回ってポスター掲示のお願いしたり、鶴舞、牛久地区のお宅へ1000枚以上のチラシのポスティングをしたりしました。

   

地域の方々がとても温かく、掲示を快く引き受けてくださいました。また、「チラシをもっと置きますよ」と優しい声もかけていただき、嬉しかったです。

 

本校との交流会

24日(水)、県立市原特別支援学校の本校とつるまい風の丘分校の交流会が行われました。

 

音楽・ダンス、ボッチャ、風船バレー、キックベースのそれぞれのグループに分かれて、一緒にダンスやハンドベルをしたり、チームを組んでゲームをしたりしました。

      

中学生の時以来となる懐かしい友達と再会できた人もいたようです。

本校と分校の生徒がお互いに声を掛け合いながら活動し、話をする場面が多く、とても盛り上がった交流会になりました。

 

 

南総・鶴舞公民館まつりに参加

10月20日(土)、南総・鶴舞公民館まつりに園芸技術科の代表生徒4名が参加しました。

南総公民館より声をかけていただき、ポップコーン作りと販売の協力(接客)と麦茶のサービスを行いました。

      

子ども連れの家族を中心に大盛況で、たくさんのお客さんが来てくださいました。100袋あまり用意したポップコーンは完売でした。

南総公民館では、不定期ですが中庭の整備などの仕事もさせていただいています。今後も地域のためにがんばっていきたいと思います。

 

いちょうまつりに参加<1年生>

10月20日(土)、いちょうまつりが本校で行われました。
分校からも交流の一環として、1年生が参加しました。

    

園芸技術コースはロメインレタス、コマツナ、イチゴ、麦茶、ポップコーンなどを販売しました。
流通サービスコースは喫茶店を開き、日頃の接客の勉強の成果を発揮しました。
たくさんのお客様が来てくれたお陰で大盛況でした。
みなさまありがとうございました。

閉会式の時も「本校の皆さんと一緒に頑張ることが出来ました」と挨拶をすることができました。

 

 

無事納品することができました

2012年10月5日 付けのブログで紹介しました通り、1年生は校内実習でも1週目と2週目に分かれて受注作業(おみくじを折って袋につめる)に取り組みました。

無事12日に、Tセンターに納品することができました。

出荷するときの様子です。

生徒の顔には達成して満足した表情が伺えました。

どの生徒たちも出荷目標数を意識して、お互いに協力し、報告・連絡・相談をしっかり行った結果です。

流石です。これからも就職するために必要な力をさらに身につけて欲しいと思います。

 

 

後期現場実習報告会

15日(月)、後期産業現場等における実習の報告会がありました。

2週間の現場実習を経験した生徒たちの表情はキリッと引き締まり、報告会もピリッとした雰囲気の中で始まりました。生徒一人一人ががんばった成果を発表するとともに、各学年それぞれの課題も見えてきました。

   

最後に、3年生の代表生徒2名が1・2年生に向けて、過去の実習経験から学んだことと自分で進路を決める大切さを話しました。

   

 「将来やりたいことは自分で決める」「職場で信頼される人になりたい」と、力強い思いが伝わってきました。

 

小湊鐵道facebookに掲載されました

2012年10月5日 付けのブログで紹介しましたように、小湊鐵道で実習を行っている様子が小湊鐵道のホームページの中のfacebookに掲載されました。

しかも「つるまい風の丘分校の皆さん、大変お疲れさまでした。お陰で綺麗になり気持ち良く、駅を利用できます。」という温かいコメントがありました。

生徒たちもこれを励みに頑張ると思います。

http://www.kominato.co.jp/